【開業日決定!】相鉄・東急新横浜線 が2023年3月18日開業!海老名から都心へのアクセスが格段に向上。新幹線利用も便利に![海老名市] – 本厚木・厚木の情報メディア 厚木らぼ

厚木だらけの情報メディア
明日話題にしたい厚木・本厚木の「今」を独自の目線で配信中!

【開業日決定!】相鉄・東急新横浜線 が2023年3月18日開業!海老名から都心へのアクセスが格段に向上。新幹線利用も便利に![海老名市]

2022年12月25日
海老名市情報

こんにちは、ももこ@あつらぼです。

相鉄線海老名駅のリニューアルに沸いている海老名ですが、

相鉄線沿線の新線の開業日もついに決まりました!

相鉄・東急新横浜線 が2023年3月18日開業となります。


相鉄・東急新横浜線 が2023年3月18日開業!海老名から都心へのアクセスが格段にアップ!東海道新幹線の利用も便利に。

※上記画像は相鉄線HPより引用

※上記画像は東急新横浜線HPより引用

東急新横浜線HPによると、

相鉄新横浜線・東急新横浜線は、西谷駅から新横浜を経由し、東急東横線・目黒線日吉駅までの区間に連絡線を整備するものです。(10.0km)
この連絡線の整備により、東急線と相鉄線の相互直通運転が可能となり、広域鉄道ネットワークの形成と機能の高度化が図られるとともに、速達性の向上、新幹線アクセスの向上、乗換回数の減少や、沿線地域の活性化等に寄与します。朝ラッシュ時の運転本数は1時間あたり10~14本程度を予定しています。これにより、区間内では、朝ラッシュ時の所要時分が短縮され、乗換回数が減少するなど、より快適に目的地に行くことが可能となります

とのことです。

具体的に開業する新横浜線の路線図がこちら:

※上記画像は東急新横浜線HPより引用

「東急新横浜線」と「相鉄新横浜線」が開業して、新横浜駅でつながるため、東海道新幹線利用時の乗り換えも便利に!

相互乗り入れの影響で、海老名から都心へのアクセスも格段に上がります!

具体的な所要時間がこちら:

  • 海老名-新横浜間:最速25分
  • 海老名ー目黒間:最速53分
  • 海老名-永田町間:最速66分
  • 海老名-大手町間:最速70分

今まで新横浜までは、町田を経由して約45~50分はかかってた

(町田の乗り換えが遠いですよね…!)ことを考えると、

子連れの長距離移動のハードルも下がりとても有難い!!

都心に行かれるにしても、所要時間短縮となります!

乗り換えの回数が少なくなるというのは大変嬉しいですよね♪

ダイヤ改正にともなう変更点が多数ありますので、

ぜひ公式サイトもご覧ください。

繰り返しますが、相鉄・東急新横浜線 の開業日は共に2023年3月18日です。

開業が待ち遠しいですね~!

こちらの記事は、あつらぼパートナーの提供でお送りしております

※記事内容とスポンサー企業・店舗とは関連がありません。

インスタはコチラ▶▶▶ @atsugi_lab

限定のお得情報も!
▼LINE@はじめました▼
友だち追加
または「@hug1203y」で検索

厚木らぼのSNSをフォローして、最新情報をチェック!

Facebook
Twitter
Instagram
Copyright 厚木らぼ 2021 © All Rights Reserved.